フローラルフォームと普通に花器に生けるのとどっちが花持ちいいんだろう?

花*空間ではせっかく買ったり、プレゼントして貰ったお花を1日でも長く楽しんでいただけるよう長持ちさせるための実験をしています!

今回は「フローラルフォームでのアレンジメント」と「普通に花器に生ける」を切花栄養材を使う場合、使わない場合の4つのパターンで実験してみました。

① フォーム+切花栄養剤(切花栄養剤を入れてフォームに吸水)

② フォーム+水道水(水道水をフォームに吸水)

③ 切花栄養剤

④ 水道水

なお今回は水換えや切り戻しは行ってません。

使用したのはミニガーベラです。お花の個体差を考慮して今回は二輪づつで実験しました。

左から① ② ③ ④ になります。

↓4日目↓

さすがに3日後は大きな変化はみられません。

初日の写真と見比べてみると分かりますが、花茎が真っ直ぐシャキッと変化しました!

「凄い」と思いましたが、単に水揚げできてなかっただけですね、、、

 

↓6日目↓

なーんと!

切り花栄養剤+フローラルフォームのガーベラ(1番左)が1本茎折れしているではないか!

おそらく家族の誰かが引っ掛けたか?個体差?ではないかと思う。家族に聞いてもみんな「違うよ!」と言ってるので信じて、花の個体差ということにします。2本づつ挿してて良かったぁ〜。

水道水のみのガーベラはご覧の通り1本は完全に萎れてしまいました。1番左ガーベラと茎の折れ方が全く違うので、やっぱり誰かが引っ掛けたとしか思えない、、、

折れたガーベラと萎れたガーベラはこの時点で脱落!抜きました。

↓8日目↓

一番右側の水道水のみは花弁が垂れてきたので脱落です。水の濁り具合が全然違いますね。切り花栄養剤には腐敗防止の効果もあるようですね。

左から2番目の水道水+フローラルフォームが若干元気がなくなってきていますが、まだ鑑賞価値あり!

切り花栄養剤が入ってる2つはまだまだ元気ですね。

↓10日目↓

真ん中のフローラルフォーム+水道水の赤いガーベラは脱落です。

一番右の切り花栄養剤入りは2本ともまだ大丈夫です!

ここまでの結論としては、

●フローラルフォームを使っても使わなくても花持ちはあまり変わらない。

●切り花栄養剤は、やっぱり効果がある。

↓12日目↓

一番右の切り花栄養剤のみの赤いガーベラが脱落です!

とは言え、これだけ花持ちすれば十分ですね!

意外なのは真ん中のフローラルフォーム+水道水のガーベラです。まだまだ元気です。

↓14日目↓

一番左のフローラルフォーム+切り花栄養剤のガーベラは脱落です。すっかり別の花になっちゃいました。右の2つは同じような感じです。

もうこの辺で実験終了と思いましたが、あと1日継続です。

↓15日目↓

最終結果が出ました!

一番右の切り花栄養剤のみのガーベラが一番花持ちしました。

<今回の結論>

● 花には個体差があり、直ぐに萎れてしまう場合がある

● この季節(初夏)フローラルフォーム+水道水でも花持ちはいい

●やっぱり切り花栄養剤は入れっぱなしでも効果絶大

*次回花持ち実験の募集をしています。問い合わせから希望して下さい!可能な限り応えたいと思います。

ブログランキングに登録しました

たくさんのお花好きな人に見つけてもらいたいなぁ!

是非下記お花をポチッとお願いします!


人気ブログランキング